100万円、200万円、300万円、400万円、500万円を借りた際のカードローン金利は低いですか?

 

当記事をご覧の方の中には、100万円、200万円、300万円、400万円、500万円と高額なキャッシングを検討している方もいらっしゃるかと思われます。

 

高額キャッシングをするのでしたら、低金利で利用できる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』がオススメです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は消費者金融と異なり、総量規制の影響も受けないため高額キャッシングに適しています。

 

では、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』で100万円、200万円、300万円、400万円、500万円と借りると金利はどうなるのでしょうか。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は借り入れ金額が100万円増えるたびに借り入れ利率も引き下がる銀行です。

 

100万円〜200万円で年9.6%〜12.6%、200万円〜300万円で年7.1%〜9.6%、300万円〜400万円で年6.1%〜7.1%、400万円〜500万円で年4.6%〜6.1%となります。

 

このように、高額キャッシングになればなるほど金利が引き下がりますので、高額キャッシングもしやすいのです。

 

ぜひ100万円、200万円、300万円、400万円、500万円といった金額を借りるときは三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』をご利用してみましょう。

 

SIMガール

 

 

 

さらに高額なお金を借りたいという方は、借り入れ限度額が最高で800万円のオリックス銀行カードローンのご利用も検討してみてください。

 

この限度額はカードローン業界の中でもかなり高額な設定ですので、高額キャッシングにおいてオリックス銀行カードローンは非常に頼もしい存在です。

 

オリックス銀行カードローンの金利は年3.0%〜17.8%となっております。

 

一見すると三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』より金利が高く見えますが、最低金利の低さではオリックス銀行の方が優れているのです。

 

つまり、高額キャッシングをする際にはオリックス銀行カードローンも優秀ですので、ぜひご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SIMガール

 

 

100万円、200万円、300万円、400万円、500万円といったお金を借りると利息の支払いはどうなりますか?

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』とオリックス銀行カードローンはどちらも最低返済額での返済が出来ます。

 

最低返済額とは月々に支払わなければならない金額のことで、この最低返済額を支払えばそれ以上のお金を支払わなくてもいいのです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は100万円で最低返済額が2万円、あとは10万円ごとに2,000円ずつ加算されていきます。

 

つまり、200万円で4万円、300万円で6万円、400万円以上で8万円、500万円で10万円となるのです。

 

一方、オリックス銀行カードローンは100万円の最低返済額3万円となり、そこから300万円までは50万円ごとに5,000円ずつ加算されます。

 

つまり、200万円で4万円、300万円で45,000円といった最低返済額になりますね。

 

そして、300万円からは100万円ごとに1万円ずつ加算されますので、400万円で50,000円、500万円で6万円、600万円で7万円となります。

 

そして、600万円以上は8万円で最低返済額が固定されます。

 

以上、両社を比較してみますと、高額な借入額になるほどオリックス銀行カードローンの方が最低返済額が低くなってくるといえるでしょう。

 

ご自身が借りる金額と上記の数値を比べてみて、オリックス銀行か三菱東京UFJ銀行のうちどちらかを選んでみることをオススメします。

 

SIMガール

 

モビット在籍確認は会社に電話連絡こない?お金借りる人が知っておきたいこと